大学生がインカレサークルに加入するメリット・デメリットを紹介します

大学生
インカレサークルってなんか怪しくない?

 

様々な大学から大学生が集まって結成されるインターカレッジサークル、通称インカレ。

 

ただ多くの学生はこのインカレに興味があっても、「なんとなく怖い」という理由で参加を躊躇してしまうと思います。

 

そんな方に向けて、今回は実際にインカレに所属した経験を持つぼくが「インカレに所属するメリット・デメリット」をご紹介します。

 

ぜひサークル選びの参考にしてみてください。

 

インカレサークルに参加するメリット

メリット①:他大学の学生とつながりが持てる

 

インカレサークルに所属する一番のメリットは、言うまでもなく、他大学の友達ができることです。

 

他大学の学生と同じサークルに所属することになるので、そこで新たなコミュニティを構築できます。

 

また学生生活のことや就活のことなど、そこでできた友達と情報交換もできるようになります。

 

交友関係を学外にも広げたいと考えている学生さんには、「インカレに所属する」というのはおすすめできる手段の一つです。

 

メリット②:普通ならわざわざ行かない土地(場所)に行く

 

インカレサークルに所属すると、行動範囲が広がります。

 

理由は以下の2点からです。

 

・学外の友達と出かけることが増えるから

・サークルの活動拠点が学外であることが多いから。

 

インカレサークルに所属するとなると半強制的に学外に出かけることになるため、普段行かないような場所にも足を運ぶことになります。

 

なぜならインカレはどこか決まった大学で活動を行うわけではなく、市の共有スペースなどを借りて行うことがほとんどだからです。

 

大学生
学校と自宅を行き来するばっかりで飽きてきたな…

 

このように、もし日常の大学生活に飽きてしまったという方は、インカレに所属することで行動範囲を広げてみてはいかがですか?

 

メリット③:社会人が参加していることもある

 

インカレサークルでは大学生に限らず社会人も所属していることがあります。

 

もともとインカレに所属していたOB・OGの方や、社会人になってからでもサークルをやりたいと考えて知り合いを通じて所属する人など。

 

様々な理由でサークルに所属しています。

 

実際にぼくの所属していたサークルでも社会人の方が数名参加していました。

 

普段大学に通っているだけでは知り合うことのない社会人の方と交流できるのも大きな魅力です。

 

メリット④:途中参加がしやすい

 

最後はこちら、サークルに所属するタイミングについてのお話です。

 

大学3年生
サークル入りたくなったけど、今さら入るの無理だよな…

 

大学1年生の新歓の時期を逃すとその後はなかなかサークルに入ろうと思っても入りづらいですよね。

 

すでにグループが出来上がっていますし、先輩後輩の仲も親しくなっています。

 

そうした環境に途中参加するのは簡単なことではないと思います。

 

しかし、インカレサークルは、年齢、大学、加入時期など学生一人ひとり、全く異なっています。

 

また、途中加入の受け入れに慣れているサークルが多いため、手続きもスムーズに進みます。

 

サークルに入りたいけどタイミングを逃してしまったという方はインカレサークルへの加入を検討してみてください。

 

インカレサークルに参加するデメリット

デメリット①:集まらない

 

インカレサークルは、様々な大学から学生が集まって運営されています。

 

そのため、全員の学校のスケジュールに合わせてサークルを行うのはかなり難易度が高くなります。

 

すると行きたくても行けない学生が増え、サークルの活動自体に集めれる学生の数が減ってしまうんですよね。

 

特に遠方から通う学生はかなりスケージュールに余裕を持たせる必要があるため、参加頻度が落ちてしまいます。

 

毎回全員で集まって活動できないというのはインカレサークルに加入する一つ目のデメリットです。

 

デメリット②:交通費は自己負担

 

サークルの活動拠点が自宅から離れている場合、そこに向かうまでの交通費は自己負担になります。

 

また、拠点となるスペースも自分たちで確保する必要があります。

 

こうした普通のサークルに加入すれば発生しないような費用がインカレサークルに入るといくつか発生します。

 

サークルの拠点と自宅との距離をあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

デメリット③:広報が難しい

 

インカレサークルに加入して最も大変だったのが、この“広報”です。

 

新歓の時期になると、サークル員は各大学に出向き大学生を勧誘します。

 

ただ、わざわざ学外に出てサークルに足を運んでくれるような学生はなかなか見つからないのが現実です。

 

また、この新歓の時期を逃すとその後1年間はほとんど自分たちのサークルの存在を知ってもらえる機会がなくなります。

 

TwitterなどのSNSも使用しますが、それでも学生の「インカレ」に対する警戒心は強いため、かなり苦労します。

 

ただ、新入生が加入しないとサークルの存続にも関わってくるので、おざなりにはできません。

 

これがぼく自身、インカレに加入して最も苦労した出来事です。

 

インカレサークルを選択する際の注意点

注意点①:カルト団体に注意する

 

インカレサークルを装ったカルトの勧誘がごく稀に起こっています。

 

ネット上の情報だけで安全だと判断することは危険です。

 

もしサークルに興味を持った場合は(特に初回は)できるだけ友達を誘って参加するようにしてください。

 

注意点②:サークルの現状をしっかりと確認する

 

インカレサークルに所属する際は、そのサークルの現状をできるだけ細かく確認してください。

 

サークルによっては、ネット上の情報が3年前から更新されていないなんてこともあります。

 

こちらもネット上の情報だけを頼りに行ってみると、全く違ったということが起こります。

 

まずはそのサークルが行なっているイベントに参加し、活動がしっかりと行われているサークルなのかどうかを判断することが大切です。

 

また、サークル員の人と直接話をしてみると「思っていたのと違った」なんてことも往々にして起こります。

 

加入する前に、本当に自分のやりたいことができそうなのか確認しておくことをおすすめします。

 

インカレサークルに加入するメリット・デメリットまとめ

 

今回はインカレサークルに所属するメリット・デメリットについてお話してきました。

 

最後に今回ご紹介した内容をもう一度まとめます。

 

インカレサークルに所属するメリット

・他の大学生と仲良くなれる

・行動範囲が広がる

・社会人と関われる(こともある)

・途中参加がしやすい

 

インカレサークルに所属するデメリット

・なかなか集合しない(できない)

・出費(交通費など)が増える

・宣伝が難しい

 

この記事がサークル選びの一助となってくれれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!