【必読本】エッセンシャル思考の要約まとめ

  • 2020年4月13日
  • 2020年9月26日
  • Books

 

少年
エッセンシャル思考って何?

 

最近、世界的に優秀なビジネスマンの間で話題の「エッセンシャル思考」。

 

今回はそんな「エッセンシャル思考」の内容についてまとめていきます。

 

 

エッセンシャル思考 目次

 

エッセンシャル思考の目次は以下の通りです。

 

PART1 エッセンシャル思考とは何か

第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

第2章 選択ー選ぶ力を取り戻す

第3章 ノイズー大多数のものは無価値である

第4章 トレードオフー何かを選ぶことは、何かを捨てること

PART2 見極める技術

第5章 孤独ー考えるためのスペースをつくる

第6章 洞察ー情報の本質をつかみとる

第7章 遊びー内なる子供の声を聴く

第8章 睡眠ー1時間の眠りが数時間の成果を生む

第9章 選抜ーもっとも厳しい基準で決める

PART3 捨てる技術

第10章 目標ー最終形を明確にする

第11章 拒否ー断固として上手に断る

第12章 キャンセルー過去の損失を切り捨てる

第13章 編集ー余剰を削り、本質を取り出す

第14章 線引きー境界を決めると自由になれる

PART4 しくみ化の技術

第15章 バッファー最悪の事態を想定する

第16章 削減ー仕事を減らし、成果を増やす

第17章 前進ー小さな一歩を積み重ねる

第18章 習慣ー本質的な行動を無意識化する

第19章 集中ー「今、何が重要か」を考える

第20章 未来ーエッシャル思考を生きる

最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ

 

PART1〜4で「エッセンシャル思考」を習慣化する手順が学べるようになっています。

 

エッセンシャル思考の要約

要約①:そもそもエッセンシャル思考とは?

 

少年
そもそもエッセンシャル思考って何?

 

『エッセンシャル思考』。この言葉だけをみても意味がよくわからないと思います。

 

『エッセンシャル思考』は本書の中で次のように定義されています。

 

エッセンシャル思考は、より多くの仕事をこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものである。

 

つまり、エッセンシャル思考は物事を「欲張る」ためではなく「洗練する」ために身につけるものなんですね。

 

そしてこのエッセンシャル思考になるためには、3つの思い込みを下記のように克服する必要があります。

 

「やらなくては」 → 「やると決める」
「どれも大事」  → 「大事なものはめったにない」
「全部できる」  → 「何でもできるが、全部はやらない」

 

簡単にできそうでできないところがエッセンシャル思考の難しいところなのかもしれません。

 

要約②:見極める・捨てる・仕組み化の技術

 

また、エッセンシャル思考を実現するには、以下の3つの技術を身につける必要があります。

 

・見極める技術

・捨てる技術

・しくみ化する技術

 

その理由がこちら。

 

これら3つの技術(見極める、捨てる、しくみ化する)は、ひとつの話のようにつながり合っている。日頃からこのサイクルをまわしていけば、得られる成果はどんどん大きくなっていくだろう。

 

それぞれの技術を身につけることで、相乗効果が見込めるというわけです。

 

それではここから3つの技術についてより詳しくみていきます。

 

見極める技術

 

見極める技術は、次の5つを設けることで達成することができます。

 

・じっくりと考える余裕
・情報を集める時間
・遊び心
・十分な睡眠
・何を選ぶかという厳密な基準

 

「何を選ぶかという厳密な基準」では、90点ルールを取り入れることが推奨されています。

 

90点未満の点数を全て0点(不合格)と判断し、中途半端な選択肢を削ぎ落とすこと。

 

捨てる技術

 

捨てる技術では、次のような質問を自分自身に投げかけることが有効だとされています。

 

<買い物編> 「これをまだ持っていなかったら、今からお金を出して買うだろうか?」
<仕事編> 「もしもこの話が来ていなかったら、自分から積極的にチャンスを求めに行くだろうか?」

 

また、自分に本当に必要なものを明確にすることが、結果として組織に貢献することにもつながるのだと言います。

 

しくみ化の技術

 

最後に、しくみ化の技術です。

 

しくみ化の技術はエッセンシャル思考を継続させるための最も重要なスキルだと言えます。

 

× 非エッセンシャル思考:努力と根性でやりとげようとする。

○ エッセンシャル思考:なるべく努力や根性がいらないように、自動的にうまくいくしくみをつくる。

 

また、人のそもそもの習性を理解することで、より「しくみ化」の必要性に気づくことができます。

 

人はラクをしようとする生き物だ。だから、何の苦労もなくスムーズに正しい行動ができるようにしておこう。

 

「見極める技術」「捨てる技術」を身につけられた方は、ぜひ「しくみ化」までをセットで行なってみてください。

 

エッセンシャル思考を書評

書評①:実践に活かすことのできるノウハウが充実

 

エッセンシャル思考に必要なスキルが各章でそれぞれ丁寧にまとめられていたので、非常にスラスラと読み進めることができました。

 

また、「90点ルール」や「編集の4原則」など、読後にそのまま実践に活かせるようなノウハウが数多く掲載されていました。

 

読書中に考えて終わるのではなく、その後も適宜、本書を辞書のように使いこなしていきたい思います。

 

書評②:リーダーとしてのエッセンシャル思考も網羅

 

最終章では「エッセンシャル思考のリーダシップ」として、リーダーがエッセンシャル思考を使いこなし組織に浸透させる方法が紹介されています。

 

こちらも現在、組織のリーダーというポジションにはいない人でも一読の価値のある内容だと感じました。

 

エッセンシャル思考の評判

 

ここからはエッセンシャル思考の世間の評判をみていきます。

 

 

読者それぞれ、特にお気に入りとなるポイントがあったようですが、共通して高評価だったようです。

 

エッセンシャル思考まとめ

エッセンシャル思考はこんな人におすすめ

 

エッセンシャル思考は「時間の使い方を見直したい」という方におすすめしたい本です。

 

エッセンシャル思考を読めば、ビジネスで成果を上げる方法を学べる他、人生の時間の使い方についても考え直すことができます。

 

 

エッセンシャル思考は漫画でも読める

 

また、エッセンシャル思考は漫画でも読むことができます。

 

 

特に次のような方は漫画版のエッセンシャル思考を読まれることをおすすめします。

 

・エッセンシャル思考の内容をサクッと知りたい方

・読書に十分な時間がとれない方

・少しでも安い方を買いたい方

 

漫画版でも「エッセンシャル思考」の要点はしっかりと押さえることができるのでおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!